生き抜く事が人生だ!


post

私の家族には、命に3つの生き方がありました。

諦めた命・・・・・妹
今から31年前、私の妹は、命を自らの手で絶った。
父母、そして兄である私にも何も告げずに、旅立った。
今でも、なぜそうなったか? 誰も知らない。そして自ら、運命を閉じた。
兄として、何もしてやれなかった無力さを悔いる人生を暫く歩む
後悔の意味を悟ったあの日。

生きられなかった命・・・・・・父
父は、今から14年前 白血病と闘病の末なくなりました。
生前の父は、自らの生い立ちで、祖父の死後、再婚し父と祖母は別性
を名乗る事となる。祖母は家を断絶させぬが為の思い。一方父は「生孤独だった」と
ただ、まだ生きてすることがあった。役員としての会社の仕事・盆栽・檀家寺の御世話
・・・・・・けれど天は、命を与えなかった。
仕事の引き継ぎ、遺産相続をすませ、自らの葬式の段取りさえ決め、写経をしていた。
見事な男としての生きざま・死にざま見せて頂いた。あなたが、死んでから必ず
私も納得のいく生きざまをお見せする事を誓ったあの日。

生き延びた命・・・・・・息子
息子は今から11年前、養子として3歳の時に我が家へ来た。
アパートでゴミに埋もれて遺棄されていた3兄弟の末っ子だった。
卒園の年に、真実告知をした。「貰ってくれてありがとう」と・・・・・
只々、号泣した日の事鮮明に記憶している。大人のエゴの冷酷さ改めて知る事となる。
生きる覚悟を決めたあの日。

3つの命を31年に至る道で見てきた、こうして辿り着いた今がある。
「生き抜くことが人生だ!」 そう,何があっても生き抜く!
神が、生きる事許すこと止めるまで生き続ける事です。

息子よ、私もそう生きていく、お前も私に続け。
「生き抜く事が人生だ!」

この記事をシェアする。

当サイトは、社会で話題になっている内容を広く公開し、著作者を応援することを目的としたサイトです。問題がある場合は、お問い合わせより詳細を送信ください。迅速に対応させていただきます。