グローブみたいな手


post

結婚式の想い出エピソードです。

結婚式で一番想い出に残っているのは、バージンロードの予行演習でした。

父から彼へと託されるとき、手が離れることのないように父から旦那さまに託されました。

一瞬も花嫁の手が離されることがないのです。これには父親の想いを感じました。

今まで何度も見ていた儀式がこんなにも深いものだったとは思いもしませんでした。

父親という存在、その想い。

その時を想い出すたびに、涙が止まらなくなります。目の赤い父親の大きくてグローブみたいな手が私の手を彼の手へと導いてくれた。

これが私のなかでの結婚式での一番心に残っている想い出です。

お父さん、ありがとう。幸せになります。

この記事をシェアする。

当サイトは、社会で話題になっている内容を広く公開し、著作者を応援することを目的としたサイトです。問題がある場合は、お問い合わせより詳細を送信ください。迅速に対応させていただきます。