涙が流れる。


post

10年前の今頃私の幼馴染みがこの世を去った。
原因は自殺だった。

当時の私は大学生で遊ぶことに夢中だった。

幼馴染みと同じ県の大学に行っていたのに、近い場所に住んでいたのに幼馴染みの異変に全く気付かなかった。

自殺当日の朝、幼馴染みから電話が2回あった。
電話に気付いていたけど、朝通学前で時間がなかったから、後回しにした。

その日の夜、別の友達から電話があった。
幼馴染みの訃報だった。

訳が解らなかった。
そして、私を後悔が襲った。

何ですぐに電話しなかったんだろう。
何ですぐに電話しなかったんだろう。
あの時電話をしていたら、何か変わっていたのかもしれない。
幼馴染みを失わなかったかもしれない。

そして、ごめん、ごめんね。
近くにいたのに。
私に頼ってきてくれたのに気付かなくって。後回しにして本当にごめんね。

私は当たり前のようにずっと一緒に居れるものだと思っていた。
お婆さんになるまでずっとずっと。

それを突然失うだなんて考えてもいなかった。

近くにいたのに心の闇を解ってあげられなくってごめんね。

命日。
訪れるたび、後悔し、涙が流れる。
どんなに後悔しても一緒に居た時間は戻っては来ない。

それは何年経っても変わらない。

今年の命日も幼馴染みの自宅に行って一年の出来事を報告した。
今年は結婚した年でもあって、それも報告したかった。

私は涙を必死にこらえながら、私は写真の中の幼馴染みとそのお母さんに言った。

結婚式に来てほしかった。
友人代表の祝辞読んでもらいかった 。

そして、思い出の写真だけは出席してもらったこと を。

おばさん、ありがとうって。

私がありがとうだよ。

心の闇は恐い。

自分で自分を殺してしまうから。

何よりも気付いてあげられなかった自分が悔しい。

もう自分の大切な人を二度とこういうことで失いたくない。

この記事をシェアする。

当サイトは、社会で話題になっている内容を広く公開し、著作者を応援することを目的としたサイトです。問題がある場合は、お問い合わせより詳細を送信ください。迅速に対応させていただきます。