やりたいことがいっぱい


heal

私は去年の3月、すい臓がん末期の状態で発覚しました。
担当医から
「余命2ヶ月です」
と宣告されました。
手術することも出来ない状態だったので
「残された時間を楽しく過ごすように」と言われました。
でも、奇跡が起きたんです。

発覚して2ヶ月後
「腫瘍が少しだけど小さくなっています。すい臓がん末期の状態でこんなことが起こるんですね。私も初めてです。後はあなたの体力しだいです」

抗がん剤治療も効果がないと言われていたけど治療を始めることにしました。

抗がん剤は吐き気、めまい、食欲低下、脱毛、口内炎、骨髄抑制などの副作用がでて辛かった。

でも、私は16歳。
まだやりたいことがいっぱいある。
教師になるという夢がある。
じいちゃんの分まで生きるんや。
そう思うと自然に頑張れた。

そして
「腫瘍は3月よりもっと小さくなり完治に近づいていると」
と聞き安心しました。

頑張っていればなんらかの
形で報われるんだと思いました。

これからも教師になるという夢に向かって頑張っていきたいです。

この記事をシェアする。

当サイトは、社会で話題になっている内容を広く公開し、著作者を応援することを目的としたサイトです。問題がある場合は、お問い合わせより詳細を送信ください。迅速に対応させていただきます。