毛皮製品に隠された「衝撃の真実」紀里谷和明監督作品


ただ毛皮を取るために、多くの優しい動物が惨殺されています。
温かい生き物のぬくもりが消えています。
生きている美しさが消えています。

年間7,500万匹以上

コートや財布のために、犬や猫、羊、あざらしなど信じられない程、多くの動物たちが残虐な方法で処理されている。その数は年間で7500万匹。年間、10億匹を超えるという説もあるほど。薬殺やガス殺、電気ショック・・・。時には生きたまま皮を剥がれるという。

大量の命の犠牲の上に・・・

たった1着のコートの為にどれだけの動物が処理されるか、動画を見るまでほとんどの人は知らなかっただろう。例えば、キツネのコートには15-20頭、ミンクのコートには、80匹もの犠牲が必要なのだ。

人間がどれだけ自分の為に、動物を利用しているのか、どんな動物が、どんな方法で処理をされているのか。たった4分にも満たない映像で強烈に脳裏に刻まれる。

2012年には、毛皮製品が過去最高の売り上げを記録しているという。

あまり報道されていない、毛皮製品に隠された「衝撃の真実」だ。

引用元:世 界 と つ な が る 、M O V E す る – T A B I L A B O

この記事をシェアする。

当サイトは、社会で話題になっている内容を広く公開し、著作者を応援することを目的としたサイトです。問題がある場合は、お問い合わせより詳細を送信ください。迅速に対応させていただきます。