“笑顔”


post

五才の頃からテレビの影響をうけて私はフランスが好きになりました。
しかし、なかなかフランス語を学ぶ機会がありませんでした、

中学生の頃
わたしの付き合っていた彼はフランス人とのハーフでした。
けど病気で彼が高校二年のとき亡くなりました。
最後にくれた手紙は
たった一言。
しかも英語のようで英語でない
どこか違う国の言葉、

“笑顔”

フランス語で書かれていました。
最初に学んだフランス語が
この言葉でよかったです。

たった一言が
笑顔。
だったこと、私は正直びっくりしましたが
彼はきっと私が泣いてることを予想したのでしょう。
彼との2年半。
今でも忘れません。
だけど思い出すときは
いつも笑顔です。
たくさんの楽しかった思い出があるから、
彼は笑顔が好きだったから。

この記事をシェアする。

当サイトは、社会で話題になっている内容を広く公開し、著作者を応援することを目的としたサイトです。問題がある場合は、お問い合わせより詳細を送信ください。迅速に対応させていただきます。