蝶が飛んでいる


tyou

「ちょう」が飛んでいるね。
「ちょう」が舞っているね。

「ちょう」になる前は、「さなぎ」だった。
じっとして動かなかった。
動けなかった。その中でじっと耐えて耐えた。

動けないって怖い。
このまま動けなくなるかもしれない。
そう思っていたかもしれないね。

「さなぎ」になる前は、「ようちゅう」だった。
来る日も来る日も、葉っぱをムシャムシャ。
できるだけ多くの葉っぱをムシャムシャ。
雨の日も風の日も、葉っぱをムシャムシャ。

同じ場所から動けない。
このまま、ここで死んでしまうのかな?
このまま、動けなくなってしまうのかな?
そんな不安を抱えていたかもしれない。

「ようちゅう」の前は、「たまご」だった。
「たまご」が立派な「ようちゅう」になるまでがたいへん。
親は、この「たまご」が立派な「ちょう」になるように祈っていたのかもしれないね。

「ちょう」は、遠くまでいけるね。
行きたいところにいけるね。

人も自然。このサイクル。

今、大人であるなら、もう「さなぎ」。

動けないと不安かもしれない。
自由でないと怖いかもしれない。

「ちょう」になると、風にあおられるかもしれないけど。
なれるから、大人になった。

自分らしく、違った色で、
ゆっくり輝け。

by オジー[イメージサプリ]

この記事をシェアする。

当サイトは、社会で話題になっている内容を広く公開し、著作者を応援することを目的としたサイトです。問題がある場合は、お問い合わせより詳細を送信ください。迅速に対応させていただきます。